HOME > ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは

ノンクラスプデンチャーは、審美性・適合性に優れ、生体に優しい
部分入れ歯
です。
通常の保険適用材料である樹脂と異なり、
特殊な弾性材料(熱可塑性ポリアミド:ナイロン)を用いています。
アメリカで30年以上の臨床成績をもつFDA(アメリカ食品医薬品局)
認可の材料です。
次のような利点があります。

  1. 部分入れ歯のバネ(留め金:クラスプ)の部分が歯ぐきと同系列の色に
    なっているのでバネが目立たない。
  2. 入れ歯を薄くできるため違和感が少なく、軽くできる。
  3. 入れ歯に食べ物が詰まりづらい。
  4. シンプルな設計が可能。
  5. 強固な固定のため入れ歯が安定している。

・治療前
 前歯と歯ぐきはきれいになりましたが奥歯がありません

beforeleft.jpg beforecenter.jpg beforelight.jpg

 

 

 

 

 

・治療後
 フレキサイトデンチャーを入れることによって、
 見た目がきれいになり、よく咬むことができるようになりました。

afterleft.jpg aftercenter.jpg afterlight.jpg


このページのトップへ